スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | Top |
今年も沖縄へ
167
みなさまこんにちは、あたしです。
今年も私ごとき給料泥棒が夏休みを賜りましたので、休みを利用して沖縄に行ってまいりました。
滞在中は毎日気温33度前後、天候にも恵まれ、冷夏だった仙台人としてはやっと夏らしい夏を過ごせた気がします。
ですが、日焼けしていないので誰も行ったことを信じてくれません。


163








初めてナゴパイナップルパークに行ってきました。

観光施設として有名なところで、ガイドブックなどには必ず載っているところです。

入場料以上の価値がありました。

行って良かった〜、楽しかったです。

パイナップル食べ放題だし。










164
こんなところにも行ってきました。
沖縄の大自然に抱かれたカフェ、ビーチロックビレッジです。
客席はオープンテラスとかそういうレベルではなく、なんとツリーテラスです。

165












もちろん今回も美ら海水族館に行ってきましたよ。

ここは何度行っても最高ですね。

一度は行く価値があります。

前回は見れなかったのですが、なんと上からもジンベイザメを見てきました。

次回こそ年パス買いたいのですよ〜。

















162
こちら飛行機からの眺めです。
相変わらず私のカメラの青の発色が気に入っています。
CanonのEOS40Dです。

166
沖縄の夕焼けです。
沖縄旅行記は、これから複数回に分けて小出しにご紹介しようと思っております。
続く…
| Luft | 23:34 | comments(0) | - | Top |
Are you ready to go?
161
お久しぶりです、私です。
会社の夏休みとして金曜日半日お休みを頂いたので、三本木のひまわりまつりに行ってきました。
今って、デジ一持った女の人多いですね。大学生くらいの人から家族連れの奥さんまで、皆持ってます。

| Luft | 15:29 | comments(0) | - | Top |
桜の回廊
159
会社の専務理事に、大河原の千本桜が満開だと教えていただいたので、さっそく行って参りました、一目千本桜です。
丁度満開で、相変わらずの見応えです。
それにしても、今年で4年連続来た訳ですが、年々桜の開花の時期が早くなっている気がいたします。
温暖化の影響なのでしょうか。
そうだとすると、ちょっと複雑な気分になってしまいますね。

160
ここの桜は川沿いに植えられているのですが、近くに菜の花も自生?しています。
この黄色とピンクの色の組み合わせが、結構気に入っていたりします。
| Luft | 00:22 | comments(0) | - | Top |
4日間の永遠
157
食べるか、寝るか、私の顔を舐めるかしかしてなかったので、こんな写真しか残ってないのです。
でも、元気に育ってるようで安心しました。

158
| Luft | 00:20 | comments(0) | - | Top |
156今回も例のアレの写真です。
同じ枝で開花のタイミングがずれているのは、長い期間同じ遺伝子を持つ蘂を露出さることで子孫を残す可能性を増やしているからかもしれませんね。
そう考えると、生物ってすごいもんだなと感じます。
この写真はピント甘かったかと思いましたが、これはこれで味かも。
| Luft | 22:17 | comments(0) | - | Top |
負けない強さ
155
成人式を越え、学校という温もりから解き放たれ、「大人」になって何年経っただろう。
社会に出てオレたちは知った。
自分というものは、日に日に薄れていくものなのだと。
悲しみや絶望に囚われたその時、オレたちは涙を堪えるために空を仰いだ―――

そこには一輪の梅が咲いていた。
周りはまだつぼみのままで、一つだけ咲ききっているその花は、何故か自分に似ている気がした。
今の自分は本当の自分では無いと言い聞かせ、もう既にその他大勢の一人になっている事から目を背け続ける毎日。
子供の頃になりたくなかった大人に、なってしまっている現実。
オレは周りとは違うと思い込み、ふと気付けば孤独を感じる日々。

そんな社会に馴染めない自分を、その梅に重ねてしまったのだろう。
他の梅は、一斉に咲く時を待っているのに、「自分は周りとは違う」と先に咲いてしまった。
そして周りが満開の頃、一人だけ枯れてしまうんだ。
ああ、本当は気付いているさ。
ため息とともに歩きだそうとした時、雲の切れ間から陽が差し込んだ。
光に照らされて、梅は笑っている気がした。

一人だけ咲いているのが誇りだと、それが花の矜持だと言わんばかりに綺麗に見えた。
オレのことなど関係なく、その梅は咲いている。
多分、ここを通る人は、まだ1分咲きにも満たないこの梅の木を気にも留めないだろう。
誰にも気付かれず、この梅の花は一生を終えるだろう。
花は、「それが悪いのか?」と語りかけてくる。
自分が決めた生き方に何の躊躇いも無く、そして迷いもしない。
今までも、そしれこれからも自分の選択に一切の後悔をしない。
それは自分が社会に出る時に、心に決めたことではなかったか?

今日、ここでまた思う。
オレは、オレが誇りに思う生き方をしよう。
周りに何と笑われようとも、それを糧にしよう。
社会に出て、悲しいこと、悔しいこと、辛いことは多くなった。
だが、今怒られているのは、それが今日までのオレの限界だから。
今日頭を下げているのは、明日から顔を上げて生きるため。
そしてオレは歩き出す。
梅に教わった、負けない強さを胸に。
以上、この話は全て嘘である。
| Luft | 18:55 | comments(0) | - | Top |
春空
150
またまた偕楽園から梅の花です。
高速道路移動中は風が強かったりしたのですが、偕楽園到着付近で見事に晴れてくれました。
メンバーの中に晴れ男or晴れ女が居たのでしょうか?
70-300mmでしかもかなり絞りを開き系で、すぐ近くの梅をぼかしてます。
爽やかさ丸出しです。もう如何なく発揮。以上。
| Luft | 18:07 | comments(0) | - | Top |
梅の香
154
と、いうわけで偕楽園の梅の写真です。
梅の背景の配色に気を使って撮ってみましたがいかがでしょうか?
久しぶりに写真のブログっぽくなってきたニャー。
| Luft | 18:51 | comments(0) | - | Top |
息吹
149
写真部の皆さんと水戸の梅の名所、偕楽園に行ってきました。
この写真は撮ってきた中で、一番評判の良かった写真です。
梅を撮りに行って梅の花が写ってない写真が気に入って貰えるのは、何だか感慨深いものがあります…。
で、梅の写真はまた後日に。ブログで引っ張れるネタが出来て良かったです!
| Luft | 00:10 | comments(0) | - | Top |
沖縄美ら海水族館
141

皆さまちょりんす。現在夕方5時過ぎです。
もういい加減喫茶店というものにうんざりしていたオレたちは、オレたちの約束の地、あの有名な「沖縄美ら海水族館」に辿り着きました。


142









水族館の正面には、ジンベイザメの巨大なオブジェがあります。
超デケーっす。
弥が上にも期待が膨らみますね。
もうとっとと入館しちゃいましょう!
入館料が1,800円に対し、年パス(年間パスポート、これさえ持ってれば一年間来放題の入り放題という例のアレ)が3,600円という価格設定に首を捻りながら、いざ!


143
中の雰囲気はこんな感じです。
館内はあまり広い印象はないのですが、見せ方が工夫されていてとても良いです。
写真は実際に海の生物に触れるコーナーです。
こういう子供が体験できる見せ方って、すごく大事だと思うのですよ。

途中色々な海の生き物が展示されてのをガン無視し(時間が無いので)、大水槽向けて駆け足で見ていきます。
147
大水槽超デッケーっていうか、ジンベイザメ超デケー!!マジでけー!
中には80種類もの生き物が展示されています。
これは見応えあります!

144
ジンベイザメの他にも、オニイトマキエイ(マンタ)もいるのですよ。
悠々と泳いでおりました。

148






下から見たらこんな感じでした。
ちょうど、ジンベイザメとマンタが構図に入ってくれました。
美ら海水族館、マジオススメです。
雑誌やテレビで結構紹介されていますが、実際来て見てみると、受ける印象は全然違いますよ。
これから沖縄行く予定の人は、是非!


146
で、皆さまが一番気にしているであろう弟ちゃんの動向ですが、展示してあったホホジロザメの皮に興味津々かつご満悦でした。
ちなみに、「ホオジロザメ」は、「ホホジロザメ」の別名なので、どっちでも良いです。
| Luft | 23:47 | comments(0) | - | Top |
    
Page: 2/21  << >>
  

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Search

Entry

Mobile

qrcode

Comment

Trackback

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Archives

Top