スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | Top |
今年も沖縄行ってきてん
216
どうも、お久しぶりです、あたしです。
3年連続沖縄に行って来ました。
今年はついに、私の人生で一度きりの覚悟を伝えてきました。
その時、誓った夕焼け(これに間に合わせたかった…、間に合って本当に良かった…)は一生忘れません。
沖縄の内容はまた後日。
| Luft | 22:15 | comments(13) | - | Top |
最後の日
 nuts
子供の頃の夢は誰しも持っていて、ほとんどの人が大人になっても覚えていると思います。
私の夢は、「ミニクーパーに乗ること」でした。
他の子たちが、宇宙飛行士になるとか、医者になるとか言っているなかで、我ながら変わり者だったと思います。

夢が叶ったのは12年前、以来今まで、その夢の中で生きてこれたのは凄く幸せなことでした。
ミニに乗ることはなかなかに苦労がありました。
パワステが無い、窓が電動じゃない(手回し式)、エアコンが無い、エアバックが無い、寒いと窓が全面曇る。
その上故障が多く、毎年8回くらいは修理に出していました。
でも私は、この車がとても大好きで、大切にしていました。
故障が多い分、車の調子が良い時はとても嬉しかったです。
あまり遠出が出来る車ではないので、色んな所に行けなかったのが残念ですが。


そのミニと、今日でお別れです。
凄く悲しいです。
実は今も、ブログ書きながら涙が止まりません。
今まで、本当にありがとう。
君がいなくなると思うと、凄く寂しいよ。
| Luft | 23:09 | - | - | Top |
こんな新年なら明けなければ良かった
どうもお久しぶりです、Luftです。
まさに地獄と呼ぶに相応しい最悪の年を、下を向いて過ごしております。
あの、光り輝く太陽の様な最高の2009年はどこへ。
こんな日々があと49年間も続くと思うと、うんざりしてしまいますよね。

一体何の話かですって!?
皆様すでにご存じというか、知ってて当たり前というか、常識と言うか、
2009年は我々mini(昔の方)乗りで愛好家にとって、かけがえのない年、
mini生誕50周年の記念すべき年だったのです!!

てことは、次の記念の年は100周年になるわけで、その間我々は日蔭者の様な生活を強いられるわけなのですよ。
それはつまり、ただ生きているだけの抜け殻、社会の除け者。
そんな地下帝国の住人みたいな生活の中で、必死になって心の拠り所を見つけてきました。




208
それがこちら、コーギーというメーカーの1/36スケール ウインターミニラリーセットジオラマです。
本物のminiを36分の1の大きさにした模型なのですが、これがまた良くできている!
雪山のセットとラリー仕様のminiが2台付いています。
セットが結構重い。漬物が漬けられるくらい。


209
実はこれ、世界で2,100個しか存在しない超レア品なのです。
シリアル番号がついてまして、私のは1,087番目に製造されたものみたいです。


210
そしてなんと、2台ともヘッドライトが点灯するのです!
す、すげえ!すげえかっけぇ!
まさにmini好きには涎モノの一品なのです。
買って良かった!



211
お次はこちら、
BUBという1851年創業のドイツの老舗メーカー製、1/87スケールのミニ・モンテカルロ・ラリー優勝車4台セットです。
これはminiの50周年記念で作られたもので、シリアル番号が入っていないものの、世界限定1,000個という代物です。
こちらは鼻血ものの一品となっております。


212
中はこんな感じ。
教科書に載っても良いくらいに周知の事実ですが、miniの一番の活躍と言えばモンテカルロラリーでしょう。
デビューしたのは1964年、miniの神様と呼ばれる名ドライバーのパディ・ホプカークの優勝を皮切りに、その圧倒的な強さは未だに伝説となっています(マジで)。
以降、1965年のマキネン、1967年のアルトーネンの優勝と続きます。
残念ながら1966年は、レギュレーション違反(ヘッドライトが減光出来ないという半ば言いがかり)で失格となっていますが、実質的にはminiの圧倒的な勝利でありました。
この無類の強さを誇ったminiですが、その連続優勝を止めたのは、かのポルシェ911でした。
つまり、ポルシェ911の登場を待たなければ、miniに勝てる車がいなかったという事実が、逆にminiの性能の高さを物語っているのです。


213
後ろはこんな感じ。
良く出来てます。


214
前はこんな感じ。
小さいのですが、ズッシリと重い金属性なのですよ。


215
大きさの比較で、単三電池と並べてみました。
小さいです。親指くらいの大きさです。
私はエネループを使って地球環境を守っています。
実は私のminiは、この写真のゼッケン177、1967年優勝の車をモデルとして改造しています。


他にも持っているのですが、出し惜しみするタイプなので、また後日。
| Luft | 00:30 | comments(17) | - | Top |
天使の柱

207
どうもこんにちは。
ブログを放置し続けて早一月、忘れられる前に更新しようかなと。

11/28仙台モーターショーの帰り道で撮った写真です。
モーターショーの方を載せろテメーって感じですよねホントすいません。
だが、待って、少しだけ考えて欲しい。

| Luft | 12:53 | comments(0) | - | Top |
2009年度沖縄旅行記 6
179
次の山カフェは、「やちむん喫茶シーサー園」です。
ここのお店はお気に入りでして、前回も来ておるのですよ。
この、山の中に佇んでいる雰囲気が何度来ても良いのです。
大変落ち着けるお店ですね。


180
利用するのは2階席です。
縁側的な感じで、のんびりと過ごせます。
外には様々な大きさ、表情のシーサーがいまして見ているだけでも楽しいのですよ。
黒糖ラテが本気で美味しいです。
と、ここで時間もいい感じになってきましたので、山カフェ巡りは終了し、美ら海水族館へ向かいますよ!
続く…
| Luft | 23:49 | comments(0) | - | Top |
2009年度沖縄旅行記 5
178
お腹もいっぱいになって且つテンションが下がる気配が無いので、今回も山カフェのハシゴをすることに!!
一軒目はBeach Rock Villageです。
沖縄の観光ガイドブックには必ずと言っていいほど載っているお店ではないでしょうか?
前回は行けなかった所でしたので、お初となります。
楽しみですね。


164
行けども行けども森の中、国道から脇道に逸れて、20分くらいでやっと到着です。
道も狭いし、一向にお店が見えてこないので心配になりましたよ…。

Beach Rock Villageでは宿泊施設、カフェ、乗馬やトレッキングなどのアクティビティーが利用できます。
写真はカフェの中にあるツリーテラスカフェです。
残念ながら先客が居たようで、ツリーテラスには上がれませんでした。
次来ることがあれば、絶対上がってみたいですね。


176
で、選んだお席は建物の屋根の上の、やんばるの森が一望できる席です。
屋根の上に乗ることもめったに無いので、十分新鮮でした。
写真は豆乳タピオカプリンと、カフェオレにジンジャエールです。
どれも体に優しいお味で、大変美味しゅうございます。
「沖縄の料理は口に合わない」と言う人が私の周りに結構居ますが、個人的にはどこで何を食べても美味しいです。

なお、このBeach Rock Village、宿泊施設が大変おもしろいみたいですね。
ティパ(遊牧民の住居型テント)、ティピ(インディアンスタイルの円錐型テント)、コテージにテントが選べます。
ちなみに、テントですと食事付き(準備してある食材で自炊)の1泊2日でなんと驚愕の690円!!
まさに失禁ものの安さです。
690円ですと、ココイチのカレーより安くね?でも、ココイチも捨て難い…。


177
なお、馬でお越しの方は注意して下さいね。
続く…
| Luft | 22:12 | comments(0) | - | Top |
2009年度沖縄旅行記 4
173
お久しぶりです、あたしです。
ブログ書くなんてほんと久し振りですよ、もう。

午前中ビーチシュノーケリングの後は、また前回に引き続き古宇利大橋(こうりおおはし)にやって来ました。
いつ来ても綺麗な所であります。風超強いけどネ。
まあ、二度目なのでさっくりと次の目的地へ移動します。


175
お腹が空いたので、今回もきしもと食堂八重岳店でお食事です。
今回は9月に入ってからの、世間での夏休みを外した行程だったのですが、超混んでおりました。
そして、カメラの色温度を間違ってしまい、写真が残念な色に。


174
麺はうどんに近い感じですね。あっさりとした鰹の出汁が良く効いています。
シンプルなのですが、超うまい。何度食べても、超うまい。
続く…
| Luft | 23:14 | comments(0) | - | Top |
2009年度沖縄旅行記 3
196
日付変わりまして2日目です。
午前中は、ホテル眼前のビーチでガンガン遊びますよ!
沖縄のリゾートホテルはどこもそうだと思うのですが、マリンアクティビティーが大変充実しています。
海がとても綺麗で、wakuwakuが止まんないかんじです。
ちなみに、宿泊客はタオルとかビーチチェア、パラソルを無料で借りることができます。
9月という夏休みから外れた時期のお陰か、人も少なくてのんびりできそうです。

193
今回は数あるマリンプログラムの中から、ビーチシュノーケリングに参加してみました。
滞在期間中台風が発生していまして、からくも沖縄は通過しなかったのですが波が高い感じです。
写真はこの旅行のために新調しました、水深3m防水のオリンパス社製μTOUGH6000にて撮影です。
型番遅れで安売りしていたラス1でしたので、衝動買いしてしまいました。性能的には十分です。
海での使用を想定してこれから防水カメラを買う方、「3m防水」ですと水深の浅い、ビーチのすぐ近くでの使用が良いと思います。
シュノーケルでの使用からは「10m防水」の方が良いかもしれません。
何が良いのかと言うと、やはり安心感が断然違うと思います。
「3m」だと、せっかくの楽しい時間なのに水深と水漏れが気になって気もそぞろなのですよ。
あと、中のメモリーカードは保険の意味で防水のものを使うこと。

192
カクレクマノミとかいました。
リアルニモですね。

194
シュノーケルをしている我々のことを大型の魚と勘違いしたのか、魚が周りに寄ってきて並行して泳いでいます。
いろんな種類の魚がいました。
あとナマコとか。

195
インストラクターの人がとってみせてくれたシャコ貝です。
この大きさでもう育ち過ぎで、美味しくないとのこと。
てか、シャコ貝ってこんな簡単にとれるんですか?
そして40分の行程は終了し、ここでお開きです。
次は青の洞窟に行ってみたいですね。
沖縄の青の洞窟はシュノーケルでもイケる様なのです。

197
続く…
| Luft | 12:02 | comments(0) | - | Top |
2009年度沖縄旅行記 2
199
今回も宿泊先はこちら。
経営母体は代わってしまいましたが、旧万座ビーチホテル&リゾート、現在はANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートです。
相変わらず行き届いたサービスに脱腸です。
場所は那覇空港と美ら海水族館の丁度中間の、恩納村にあります。
那覇にショッピングに行くにも、美ら海水族館に行くにも便利な位置なのです。
すぐ近く(車で2分ほど)の恩納漁港からは12〜3月の間、ホエールウォッチングの船も出ていたりしています。


171
今回は生憎の曇り空のため、万座毛からの夕日は見られませんでした。
太平洋側の仙台に住んでいると、日の出はいつでも見ることができるのですが、夕日はなかなか見る機会がないのですよね。

写真は夕食に立ち寄った海の家というダイニングバーの、手前海ぶどうと奥ジーマーミー豆腐です。
写真では結構アレな感じで映っていますが、実際はどちらも美味しいのですよ。
前回の旅行に引き続き、二回目の海の家でした。
| Luft | 11:41 | comments(0) | - | Top |
2009年度沖縄旅行記 1
168
オッス!オラLuft!
眼下にいかにもテレビや雑誌で見るような海の色が広がってきて、なんだかオラとってもワクワクしてきたぞ!
でも、飛行機の座席がイマイチで、良く見えないんだ!
仙台〜那覇空港で飛ぶみんな!
座席は進行方向右手側の窓側席に座ると、富士山も見れるし奄美大島も見れるゾ!
逆に左側に座るとこんな感じだ!



169
そして沖縄に来たらまずレンタカーを借り、目指すは首里城へ。空港から近いんです。
漆の塗り直し期間中のため正殿に工事の足場が組まれていたのですが、それでもさすが世界遺産です。
その圧倒的な佇まいに思わず脱毛。
この写真は首里城へと続く、守礼門です。


170
その後小腹が空いたので、軽く沖縄そばいっとくことになりました。
首里城近くで有名な沖縄そば屋さん、首里そばに行こうと画策したのですが、店外に無常にも「本日売り切れ」の看板が。
急遽近場で別の沖縄そば屋さんを探すことになりました。
で、良いお店がありまして、食べてみたら美味しくて満足だったのですが、お店の名前失念してしまいました。
ブロガーとしてこれは如何なものか。
| Luft | 12:34 | comments(0) | - | Top |
    
Page: 1/21   >>
  

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Search

Entry

Mobile

qrcode

Comment

Trackback

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Archives

Top